YAPC::Tokyo 2019に参加してきた

Perlは一度も触ったことがないのですが、@kfly8さんのお誘いがあった・学生交通費の補助が出るということで、「YAPC::Tokyo 2019」に参加してきました!

応募する際に、「Perlに関係ない発表もたくさんあるよ〜」という話を聞いていたのですが、蓋を開けてみるとPerlのセッションが多かったです笑

会場は浅草橋のすぐ近くで、かなり大きいホールでした。

YAPC::Tokyo 2019

聞きに行ったセッション

僕が聞いたセッションは、

  • 型にはまらない型の話(スライド
    • Perlは型が無くなんでも変数に入れられる(内部的には型を持っていて、使われるときに決まる)
    • Perl6は型があるようにもないようにも振る舞える?
  • Perl 6 でのアプリケーション開発と実用
    • CLIアプリを作る話
  • Perl to Go (スライド)
    • PerlとGoの違いなど
    • 発表時間に収まらないほどのボリュームで全部聞けなくて残念(スライドが公開されていたのでよかった)
  • 綱渡りバッチ脱出大作戦
    • 入社してすぐにやばい状況のバッチサーバーの改善を任せられた話
  • Wazuhを利用した大統一サーバ監査基盤(スライド
    • Wazuhの紹介
    • Wazuhというのは初めて聞いた
  • WebVRで作品を作って展示しよう
    •  VRは知っていたけどWebVRは知らなかった
    • A-Frameを使えばめちゃ簡単にWebVRを始められる
    • 端末はOculus goがおすすめ
    • YAPCのタイムテーブルをWebVRで作ってて笑った
  • 実演 サーバレスPerl – 顔認識データを扱おう
    • Azure FunctionsでPerlを使う話
  • ISUCON8予選問題作成の裏側
    • 問題の作り方
    • 競いたいもの
      • Webアプリの高速化
    • プロダクションでオンメモリに全部のせないよね
    • 普通のチューニングをしっかりやれば勝てる問題
    • 1つがほぼ完成してから他の言語に一気に移植する
  • 多くのCPAN Authorに育てられ、息をするようにCPANモジュールを書けるようになり、そして分かったこと
    • 質より量というスタンスでモジュールをたくさん作った話
    • 発表者とPerlの歴史を振り返っていく感じで、Perlコミュニティの雰囲気が伝わってきた
  • ライトニングトーク
    • Perl1.0の処理系をGoで書いてる話
    • npmをperlで使う話
    • などおもしろかった

です。Perl書いたこと無いけど楽しむことが出来ました!(わからないこともあったけど)

懇親会

ホテルのバイキングみたいな豪華なご飯とお酒を頂けました。

YAPC::Tokyo 2019

企業グッズを紹介

スポンサー企業のグッズをもらいました。

YAPC::Tokyo 2019

手提げにはバッジが付いていて、 書いてあるメッセージは人によって異なっていました。僕が貰ったのはこちら。気に入ったのでリュックにつけました。

YAPC::Tokyo 2019

充電器やスマホスタンドなどという豪華なグッズが入っていて驚きました。

DeNAさん
YAPC::Tokyo 2019

モバイルファクトリーさん
YAPC::Tokyo 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です