【Vue.js】yarn serve / npm run serveしても全然ページが表示されない問題

Vue.jsで遊んでいて、Vue CLIでプロジェクトを作成しyarn servenpm run serveを実行してchromeでhttp://localhost:8080を開いたのですが、ロードがめちゃくちゃ遅いしコードを書き換えても変更が全然反映されないという問題が発生しました。

こんなんじゃ全然開発できんわ!ということでめちゃくちゃ困っていたのですが、「Vue-cliをインストールし、npm run devで実行しても表示されない」という記事を見つけました。

僕もちょうとESETのウイルス対策ソフトをMacに入れていたのでESETが原因っぽいです。

yarn serveだとデフォルトで8080ポートが使われるので、これを変更してみます。

Vueプロジェクトのルートにvue.config.jsというファイルを作ります。
このファイルがプロジェクトルートにあると自動で読み込まれるみたいです。
中身はこんな感じ。


module.exports = {
devServer: {
port: 5000,
},
};

これでhttp://localhost:5000でページが見られるようになりました。
ページが一瞬でロードされるようになり、コードを変更した部分もリアルタイムに反映されるようになりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です